おサセのアノ娘に恋をした

読むとアナタの孫が天パーになります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南京虫のはなし

前回、悪魔の害虫南京虫と格闘中であることを書いたが、ブログを読んでる父上(親に読まれてるブログって珍しいと思う)からも電話がきたのでその後のご報告。

あれからもう辛抱たまらんということで、布団乾燥機を買ってダニパンチしたり、部屋を大掃除してネットで南京虫に効いた書かれていたアースレッド霧を焚いたり、衣類や布団を熱湯漬けにするなど、まぁかなり頑張った。素人にできることに関しては、ほぼ全てやったと思う。

そうそう、ホテルにクレーム入れた件。なんと自宅に業者を連れて来て南京虫の調査をしてくれることになったのだ。揉めるのは嫌だけど、こちらとしても実際問題被害を受けてる訳だから引き下がれんとか思ってたのに、とても誠意ある対応をして頂いた。

南京虫の被害クレームを入れたのはチェックアウトして二日後だし、そもそも自宅に以前は南京虫がいなかった証明なんてものもできないし、裁判したって一切勝ち目がない。実際、自宅に来た業者の方にも通常ホテル側がこのような対応をしてくれることはまずないと言っていた。社名は書かないが、担当者の方も含め会社としてに非常に親切に対応してもらい本当にありがたかった。

そして、肝心のその調査が昨日と今日で行われたのだが、結論としては問題なし。自宅には南京虫は連れて来ていなかった。いやー、本当に良かった。

今回人生最大の痒みを味わう事になったけど、南京虫(トコジラミ)という悪魔のような害虫を知れて良かったと思う。そして、僕と同じように今まで知らなかった方はこれを読んで知ってほしい。

業者の方に聞いた話によると、日本での被害は三年前ぐらいから出てきたらしい。原因は中国人、欧米人などの外国人旅行者が持ち込むケースがほとんど。危ないところは、安いホテル、漫画喫茶、カラオケ、電車の優先席、ファストフード店。地域としては、文化遺産が多い(つまり外国人旅行者が多い)京都と広島、そして東京と大阪。東京は、家電目的激安ツアーの中国人団体客が来るからということ。特に東京の中でも僕の住んでいる池袋は一番危ない地域らしい。

ちなみに連れて帰らない予防方法としては、ホテルに泊まる際は絶対に衣類やバッグなどをベッド置かず、机の上など隔離された場所(一番良いのはユニットバスの風呂の中)に置くこと。

あまり神経質になる必要はないけど、そういった場所は気をつけたほうが良い。ハッキリ言って家に持ち帰ったら本当に洒落にならない。南京虫には市販の薬はほとんど効果がなく、専門業者でもちゃんとしたところを選ばないと完全駆除はできない。今はまだ一般的には認知度が低いが、これから日本でも問題になってくるだろうとも言っていた。

恐怖心を煽るつもりはないけれど、皆さんもお気をつけ下さい。
僕は本当に大変でした。



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/06/25(土) 20:29:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osakoi.blog101.fc2.com/tb.php/225-190bc16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。