おサセのアノ娘に恋をした

読むとアナタの孫が天パーになります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グアム旅行記その2 ~グアム島内観光前編~

12月29日、目が覚めると強い日差しが差し込む見慣れない部屋にいた。

「そうだ、グアムに来てたんだ」

海外に限らず、旅先の宿泊先で目を覚ました瞬間がなんとなく好きだ。

朝から行く島内観光ツアーのため、初日から僅か2時間半の睡眠。なかなかの強行スケジュールだよ、起きるの本当にしんどかったもの。怠い体に鞭を打ち、急いで支度をしてバスへ乗り込みレッツゴー。

この島内観光ツアーは、『フィッシュアイ海中展望塔 → アプガン砦 → スペイン広場 → 恋人岬 → マイクロネシアモール』へ案内してくれる。実はこのツアー、JTBのお客さんだけ無料で行けるのだ。いやー、JTBにした甲斐があったってもんだよ。

ワクワクしながらバスから町を見ていると、前日とは打って変わって奇麗な景色が広がっていた。なんにもないかと思ったけど、ただ暗くて見えなかっただけだったのか。考えてみたら昨日は深夜4時とかだからね、そりゃ寂しい景色に見えるさね。「これこれ、これが南国だよ」なんて感じでテンションも上がってきたのに、やっぱり車内は冷房がガンガンに効いてて寒かった。

さて、僕の乗ったバスのガイドさんは、現地に住む日本人のたぶん50歳前後の女性。若いちゃんねーを期待していたから「なーんだ」って感じだったけど、その残念な気持ちは5分で吹き飛んだ。このガイドさんが面白い面白い。なにが面白いって喋り方が数年前に一世を風靡した綾小路きみまろソックリなの。何度も笑わせてもらった。そんな軽快なトークに耳を傾けていると、最初の目的地『フィッシュアイ海中展望塔』に到着した。


展望中

その名の通り海に塔が立っていて、階段を下っていくと海の中が覗ける展望部屋?がある。すぐ横でダイビングなんかもしてるくらい魚がウヨウヨいる。大した場所じゃないけど、久々に見る南国の海に興奮。やっぱり良いもんだね。

制限時間が20分だったので、見るとこだけしっかり見てバスへ戻り、さっさと次の目的地へ移動。車中、ガイドさんが「ここでドンパチやった」とか「あのへんに防空壕がある」とかなんとか戦争の話をしてくれた。こんな奇麗な海で戦争やってたのかと思うと感慨深いものがあった。そうこうしてる内に次の目的地『パプガン砦』に到着。


アプガン砦の大砲に跨がる幼女

ここは1800年頃、チャモロ人が当時島を統括していたスペイン軍に対して大反乱を起こした際、スペイン軍の拠点として作られた砦らしい。『アプガン』なんてちょっと可愛い名前なのにそんな歴史があるとは。現在はレプリカの大砲が置かれている、とっても眺めの良い場所だ。この女の子のように僕も大砲に跨がりたかった。


ヤシの実売りのおじさん

ここでは露店でヤシの実を売ってるおじさんがいたので、好奇心旺盛な僕はもちろんご購入。初めてヤシの実汁を飲んだけど、美味いもんじゃないね。微かに甘くなんとも言えない味がして、不思議と貧乏な気分になった。

しかし、このヤシの実ってやつはこれで終わらない。飲み終わったヤシの実をおじさんに渡すと、中の白い部分を刺身のように切ってくれて醤油とワサビを乗っけてくれるのだ。イカの刺身に似ているらしく、現地の人はこのようにして酒のアテで食べているとのこと。

埼玉生まれ埼玉育ちの生粋日本人であるこの僕が判定してやんよ。

驚いた、確かにイカっぽい。グアムに来て初めて口にしたのがワサビ醤油ってものなんだけど、これがまた美味い。ダイエット食品とかで出せば、日本でもフツーに売れるんじゃないかなとすら思う。いや、こりゃ良い経験したわ。

そんなこんなのヤシの実初体験を済ませ、次なる目的地『スペイン広場』へ向かうのであった。


つづく



人気ブログランキング

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/01/17(日) 00:33:51|
  2. グアム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osakoi.blog101.fc2.com/tb.php/188-0cb22e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。