おサセのアノ娘に恋をした

読むとアナタの孫が天パーになります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しきノスタルジー

ノスタルジー


前回の日記で「疲れが抜けない」とかほざいてた僕ですが、あれから数回酒飲んでたらもう元気。我ながら単純な構造だと思う。まー、なんにせよ酒は良いね。

話は変わって、
最近、昔録音していた伊集院光のラジオ番組を寝る前に聞いている。その番組内で『自ギャグの詩』というコーナーがあるのだが、これが素晴らしく面白い。内容は、思い出すと「うわぁぁ」と叫んで逃げ出したくなるような、誰にも話せない過去の話(親の金盗って…とか)を紹介するというもの。

リアルタイムで聞いてた時も好きだったけど、今改めて聞くとアノ頃と違った面白さがある。あれだね、セツナイ。

『節子…それ、ドロップやない、オハジキや!』を略して“セツナイ”ではなく、『寂しさや悲しみなどで胸がしめつけられるさま。つらくやるせない気持ち。』を表す“セツナイ”だ。数年ぶりに国語辞典を使ったうえに分かり難くなったけど、とにかくせづねぇんですよ。

しかし、この自ギャグを聞いていると、ただ切ないだけじゃ済まされない。それが引き金になり、自分の記憶の扉が開いてしまうのだ。


思い出してごらん、小学生のころを。


ほら、あんまり思い出せないでしょ。思い出しても、どーでも良いことだったり、自分の記憶なのに作りモノみたくて現実感がなかったりするはずだ。

「いや、ちゃんと思い出せるし。」

みたいな答えは望んでいないので、そんな人は財布の小銭入れに穴が開いてしまえばいい。財布を出すたびに小銭をジャラジャラ落とす苦しみを味わえばいい。僕と同じように。

ということで、答えはYESのみ。昔の記憶ってのは、ちゃんと思い出せないものなのだ。

ところがなにかをキッカケに、自分の中でいつの間にかカギをかけていた記憶の扉が開くと大変なことになる。雪崩のようにくるね、嫌な記憶が。


虫かごにいる数え切れないほどの小さな蛙…。


ゴジラのガチャガチャ、べつにそんなに欲しくなかったのにな…。


へぇ、ノコギリクワガタってこんなに飛べるんだ…。


綺麗な思い出は大切だ。しかし、“あの記憶”も無かったことにしないでほしい。アナタはきっとそこで変わった。今の自分がいるのは、封じ込めたあの出来事のお陰かもしれないのだから。

皆さんも記憶の扉開けてみませんか?
長い熟成期間を経た思い出は、芳醇な香りがするはずです。



↓記憶の扉を開くカギ『自ギャグの詩』まとめサイト
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Spotlight/5436/ups/jigyagu.htm



人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/05/31(土) 13:23:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況なんて書いてみたり

先日から彼女様が友達とグアムに行くとかで日本を発ったわけですが、いやいやここ数日でこちらも暑くなってきましたね。夏到来とまではいかないけれど、僕の自宅でも昨日から冷房を入れ始めました。暑いのは好きなんだけど湿気を伴った暑さは本当にイヤ。なっ、ばあさんや。

まぁそれはどーでもいいとして、最近の僕は広島カープに夢中だったり、前々から気になっていたラーメン二郎に行って肩すかしを喰らったり、一人で宅配ピザを頼んでみたりと非常に有意義な暮らしをしております。

はて、気がついたらもう二十日。あっという間に五月終了じゃないですか。思い返すと色々あったけれど特に書く事はない。んー、いかんなぁ。

とりあえず一番の楽しみは野球。カープが気になって気になってしょうがない。すんげー弱いんだけど面白い。特にオチもなくそんだけですわ。

疲れが抜けない。



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/05/22(木) 22:38:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の日を終えて

「昨日じゃん!」

ってさっき気がつきました。

完全に忘れてた。

あー、昨日の夕方までは電話しようとか思ってたのに、会社を出た開放感からか、その後完全に忘れてた。僕ってばダメな息子だなー。ノリコよ、すまん。皆さんは日頃の感謝をちゃんと伝えられましたか?

僕は母の日を忘れた代わりにスゴいことに気がつきました。

“パンツ”を“パンティー”と言う女性は、僕の脳内にしかいなかった。



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/05/12(月) 20:59:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五月病とクラムボン

さわがに


――チュンチュンチュン


「はぁ…朝か。ダルいな。」

「行きたくない…。」


はい、五月病。

昨日で四月も終わり、本日から五月でございます。五月といえばGWという素敵な長期休暇がありますね。きっと皆さんは、ハワイやデズニーランドや尾崎ハウスに行ったり、各々が普段はできないことを満喫するのでしょう。

普段から「休みが少ない!」とか、「俺が働いてるんだから皆も休むな!」とか、「死ぬときはおっぱいに包まれていたい。」なんて騒いでいる僕も入社四年目にして初めてGWに休みを頂いたんですよ。とは言っても世間とは若干ずれていて、五日から八日までの四日間なんですが、三日以上の連休なんて年に二回しかないから嬉しいというよりもなんだか不安。「本当に休んじゃっていいのかなー。」なんて思ってしまう。うん、病気だと思う。

そんな素敵な休み明けに待っているのが上記の五月病。

Wikipediaによると、新人社員や新入生などに見られる、新しい環境に適応出来ない事に起因する精神的な症状の総称なんだそうな。「へー。」とか言いながらこの病気を人事だと思うことなかれ!今まで全然そんな素振りがなかった人でも、ある日コロっとなってしまうのだ。ソースは僕。

あれは中学生の頃だったかな。新学期が始まって少ししてから風邪で一週間ぐらい休んだんですよ。そしたらなにかの糸が切れたのか、“メンドクサイ”という理由だけで学校へ行かなくなり、ただひたすらクラムボンについて考える日々を過ごすことに。

最終的にはクラムボンの正体が草野仁だと判明したことで長い五月病は終わりを迎えたのですが、こんな感じで人は簡単に五月病という悪霊にとり憑かれてしまうものなのです。これ以上僕のような五月病被害者を出してはいけない。『No More たー』を掲げ、僕はあることを思いついた。

…そうだ、この手があったじゃないか!!






やる夫




人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/05/01(木) 20:09:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。