おサセのアノ娘に恋をした

読むとアナタの孫が天パーになります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神様、田代と同じ勇気を僕に下さい

前回の日記、『耳をすませば』を読んだ友達から「頭おかしいよね?」と言われてしまいました。確かに読み返してみると結構酷い。つい先日、知らない人から足あとが着いてので見てみたら、ものスゴい『耳をすませば』のファンの方でなんだか申し訳ない気持ちになったのは内緒だ。

それはどーでもいいとして、ちょっと前にブクロのラーメン屋を食べ歩こうと決めたのに実行できていないのを反省し、今日から食べ歩きを始めたんですよ。会社人でもありマイミクでもあるヒロの『もつ鍋メモ』に感化され、折角だから僕も食べたラーメンを写真に撮り『ラーメンメモ』を作ろうではないかと、そう思った訳です。

ところが大きな問題ができてしまった。今日から、『ラーメンメモ』作成への第一歩を踏み出すべく意気込んで食べにいったのですが、肝心の写真が撮れない。気まずくて全然写真とか撮れなかったんですよ。

“一人でラーメン屋に行って写真を撮る”
大丈夫だろうけど怒られたりしないか心配だし、なにより恥ずかしい。携帯をカメラモードにはしてみたものの、圧力に負け写真を撮らずフツーに食べてしまいました。そして、ものスゴい敗北感に打ち拉がれて帰宅。

悔しい。非常に悔しい。
このままでは僕の『ラーメンメモ』が一歩も踏み出せないまま終わってしまいます。 なにか良い方法はないものでしょうか。

ちなみに今日行ったのは池袋にある『七福神』。大勝軒で修行した人の店で、いつも結構人が入っている昔からの人気店。そこで野菜つけそば食べました。麺800gもあるとお腹一杯。阿部高和に言わせれば「腹ん中がパンパンだぜ」といったところか。

美味しかったです。ごちそうさまでした。



人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/28(木) 22:48:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳をすませば

ポケーっとしながら、『mixi日記キーワードランキング』を見ていると、2月22日の1位が『耳をすませば』になっていた。テレビで放送したんでしょうか?

『耳をすませば』といえば、言わずと知れた名作だ。

隣に住む女性の部屋から、壁越しに毎晩聞こえるアヘ声に耳を澄まし、それをオカズに自家発電することを日課としている主人公中島の屈折した愛情を描いた感動大作。ラストシーンの牢獄内で冷たい壁に耳を当て、聞こえるはずのない女性のアヘ声に耳を澄まし、性器を握り締めた主人公が呟いた「おーい磯野、野球しようぜ…。」は、あまりにも有名。

この映画を見た誰もが「こんな恋がしたかった。」と思い、主人公の中島に憧れ、ヒロインの洋子に恋をした。当時、僕もこの映画を見て心打たれたのを鮮明に覚えている。日本映画を代表する素晴らしい作品だ。

そして本作を語る上で欠かせないのが、糸井重里氏が考えたこのキャッチコピー。

「好きなひとが、できました。」

さすが赤城山を掘っていた男。
文句のつけようがありません。


ちなみに僕は

「彼女が、できました。」



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/23(土) 15:31:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱くなれ

今、エロ本が熱い。

バレンタインの翌日だというのに、なにトチ狂った事を言ってるんだと思うかもしれないけど、とにかく今エロ本が熱いのだ。僕の中で。

最近、色々なところでこの『エロ本熱い説』を説いている。歳を重ねると男の子は『エロ本』から遠ざかっていくのはなぜだろう。

エロ本を最後に買ったのはいつか?
改めて考えてみると思い出せないほどの時間が経過していませんか?

現在多くの男性は、エロDVDやネットで気軽に落とせるエロ動画で手淫ライフのローテーションを組んでいるはずだ。それはそれで良いモノだけど、あのページを捲る感覚を思い出してほしい。雨に濡れたエロ本を拾い、ドキドキしながら張り付いたページをバリバリと開く感覚を。

「今日はどんな動画がアップされてるかな?」なんて思いながら、CPZを見ている場合ではありません。画面からは決して伝わらない温もりを今一度味わってみてください。

僕は何度でも言う。
今、エロ本が熱い。
そして身体の一部分はもっと熱くなっている。



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/15(金) 23:58:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気狂い理髪師

この間、『スウィーニー・トッド』を見てきたんですよ。

やたらと宣伝しまくっていたのでご存知の方も多いと思いますが、僕の大好きなティム・バートンの作品で、皆が好きなジョニー・デップが主演をやっているあの映画です。

『スウィーニー・トッド』は、元々小説だったものがいつの間にか「ホントにあったんだぜ。」といった具合に広まって、所謂都市伝説として様々な創作の題材にもなっている有名なお話なんですね。

こーゆう殺人鬼ものが大好きな僕としては、是非見なければと意気込んで行った訳ですが予想以上に良かった。詳しく内容は書きませんが、終わった後に客が皆ボーゼンとしてるの。久々にティムバートン節が出たなぁと言ったところか。

『チャーリーとチョコレート工場』で一般人を惹き付け、そのうえ宣伝をしまくりこの映画を見せるなんて、話の内容を知らないで「ジョニー・デップカッコいい!」とか思って見に来た人達は、本当にダマされたと思ったに違いない。ありゃ詐欺だよ。

でも僕にとっては大満足な映画でした。
グロいのが駄目な人は見ない方が良いと思います。



人気ブログランキング

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/02/01(金) 01:22:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。